クラスTシャツのプリント方法など

Tシャツ

業者のクラスTシャツのプリント方法

業者のクラスTシャツには様々なプリント方法がありますが、一番使われている一般的な方法がシルクスクリーンです。どのようにプリントするかというと、アルミで出来た枠に張ったメッシュに感光乳剤という光を当てると固まり、光を当てないと水で落ちる特殊な液を塗り、デザインを黒で印刷したフィルムや紙を置いて機械で光を当てます。そうすると光の当たらなかった黒いデザイン部分は水で落ち、その部分のメッシュ生地はインクが通るようになります。その部分にインクを乗せ、スキージというインクをTシャツに定着させる道具を使いプリントして乾燥させると完成します。これがシルクスクリーンのプリント方法となります。他にも立体感のあるプリントや光を吸収して夜に光る蓄光プリントなどもあります。

他のクラスTシャツのプリント方法

もしかしたらオリジナリティを極めたい、クラスメイトみんなで協力して作りたい!と自分たちでクラスTシャツを作りたいと思う方達もいらっしゃるかもしれません。クラスTシャツですが、身近にあるものでも印刷出来ます。メリットとしては少数だけ作る際には自作の方だと安く出来る、また自分の好きなようにデザインの配置などを考えられる。などです。方法としては、シルクスクリーンや、アイロンプリントなどがあります。スターターキットも市販で売っているそうなので、ぜひ出来そうだと言う方はトライしてみて下さい!更にオリジナリティに溢れたクラスTシャツが作れます。デメリットとしては道具を準備するのが面倒。失敗を重ねると逆に費用が高くなる…などです。また、シルクスクリーンは、業者が主に使っている方法なので、やはり自分たちでプリントするよりも確実に綺麗に仕上げてくれます。あくまで、使用用途によって試してみると良い方法です。

Copyright© 2018 皆と楽しい思い出を作る!クラスTシャツの作り方 All Rights Reserved.